FC2ブログ

現在23カ国。今までとこれからの旅行の記録をさらっと。雰囲気くらいは伝わるはず。ときどき、シンガポール生活情報。

人気すぎるアフタヌーンティー【シンガポール】

0
0

母と妹とビンタン島から戻り、最後のシンガポール観光。


母のリクエスト、ハイティー。

アフタヌーンティー?ハイティー?

もともと意味は少し違うらしいけど、現在は同じように使われているみたい。

シンガポールではハイティー。

シンガポールには人気店はたくさんあるけど、おそらく最も有名なのがここ。


 Tiffin Room(ティフィンルーム) 


老舗、ラッフルズホテルのハイティー。

シンガポールで人気のホテルといえばマリーナベイサンズが浮かぶけど、ここは名門、超高級ホテル。

全室スイートで一番価格が低い部屋でも5万円は超える。

泊まるのは…

でも、ハイティーだけでも雰囲気は十分楽しめます。


ハープの生演奏があって、客層はちょっと高め?な感じがした。

セレブなおばさまたち。

s_IMG_5982.jpg


そしてハイティーといえばこれ。

17438432_1395117353884422_4496038483474776064_n.jpg


よく見る3段トレイ。

スイーツ、スイーツ、スイーツ、サンドイッチ。

甘い甘い甘い。

お昼ごはんを食べていなかったので、サンドイッチを食べる。

なくなったら補充してくれた。

ビュッフェコーナーもある。

ヤムチャ(Dim Sum)に、
s_IMG_5983.jpg

またスイーツ、そしてフルーツ。
s_IMG_5984.jpg


そもそも甘いものがそんなにいっぱい食べられないので、ヤムチャとサンドイッチの方が食べたかも。

ケーキとかだけじゃないから、甘いのが苦手な人でも大丈夫。


コーヒーと紅茶は常にウェイターがまわって入れてくれる。

ラッフルズはシンガポールのカクテル、シンガポールスリング発祥の場所でもあるから、

せっかくだから頼んでみた。

好き嫌いは分かれるみたい。

(ラッフルズホテル内のロングバーが有名)


1人、60〜70ドルになった。

ここは母のおごり。

高いけど、せっかくシンガポール観光い来たんだったら、行く価値あり。


高級な雰囲気が味わえて、よかった。


注意点
・予約が必要
・ドレスコードあり(スマートカジュアル)半ズボンとかサンダルはやめといたほうがいいかも。
・お腹いっぱいになりすぎて夜ご飯いらなくなるので注意


場所(最寄駅)
・Esplanade(エスプラネード)黄色ライン
・City Hall(シティーホール)赤、緑ライン


関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.